シャープ本社ビル、ニトリに売却で調整…数十億

らんまる

2015.09.02 09.29

経営再建中のシャープは、本社ビル(大阪市阿倍野区)を家具販売大手のニトリホールディングスに売却する方向で最終調整に入った。

 売却額は数十億円とみられ、9月中に契約を結びたい考えだ。ニトリは店舗として再開発するとみられる。

 同時に売却手続きを進めていた本社向かいの「田辺ビル」(同)は、NTT都市開発に売却する方向だ。売却額は100億円程度となる見込み。建物を取り壊した後に高層マンションを建設する見通しだ。

 シャープは売買契約を結んだ後、両社に賃料を支払いながら入居を続け、2017年頃をめどに移転する。

 シャープは5月に発表した再建計画に本社の売却を盛り込んでおり、7月から進めていた入札手続きには、両ビルに合わせて約20社が応札していた。

投票GET mineいいね 0
  • facebook
  • google
  • LINE
  • はてな
WEEKLY TOP 20