医療

Anna

2017.09.05 22.27


今医療について勉強をはじめつつあります。
私の生活の中では幼少期からかなり身近でした。
それというのも3年前逝去しました母が12年ほど闘病していたからなのです。
元アナウンサーの小林さんも乳癌でしたが.
母も始まりは乳癌からでした。
乳癌は触診で見つけられるそうなので特に女性の皆様違和感を感じたらすぐに検査に行って下さい。早期発見が重要です。
発見後は手術や放射線や投薬.漢方.有機野菜とあらゆる治療はしていたのですが
後に病気は進行し骨や臓器へ転移していきました。
闘病のストレスからか鬱病のような症状も併発していました。
そしてアンラッキーなことに母は私の受験の1週間前に亡くなりました。
病室で泣きながら赤本を解いたこと.亡くなった当日に予備校の授業を受けたことは人生史上1番の忍耐が必要でした:/

昨今近代医療に疑問を呈していらっしゃる方も少なくありませんが..
12年も生きてこられたのはやはり治療のおかげだと思っています。


また父も心臓の血管を詰まらせ入院に至ったことがあります。
父は管理職であるため景気が悪くなると部下を辞めさせる立場です。
以前そこからくるストレスにより血が詰まり10日間入院しました。
一時はどうなることかと思いましたが
現在は薬を服用しながら元気に働いています。

祖父母は既に全員いないのですが病気がちな私の家系にとっては医療が非常に重要でした。
日本人がより良く生きるために医療は欠かせないものであると思っています。
薬を飲むことで死なずにすむ人や入院せずにすむ人がいると考えると.本当に偉大な発明です。

これらの経験から.実は現在医療業界への就職を考えております。
とは申しましても文系の枠は限られているのでその他の業界も視野に入れております。
医療系の企業へのインターンシップに参加しました。
医療業界に関わるお仕事
病院や製薬会社のMRやMSだけでなく治験や保険.医療機器メーカー...どこに関わりたいかはまだ模索中です。
ご助言等下されば本当に喜びます。
将来のことは漠然としておりますが
皆様から吸収.成長し来年までにははっきりと形作っていきたいです。

  • facebook
  • google
  • LINE
  • はてな
WEEKLY TOP 20