芸術の置き場

太陽のナマコ

2017.12.10 03.44

岡本太郎「明日の神話」、渋谷駅の設置で良かったのかと。
「壁画はパブリックアートなので、鑑賞目的以外の人がたまたま作品に出合うような、適した場所を」というのは理解できるのだが、あまりにも人が流れすぎる場所ではないかと、全てを自由に眺めるには位置が高すぎるし、通路なので絵との距離が取れない。連絡通路という場所も相まって、現代の流れの中に埋没してしまっている印象を受ける。
太陽の塔のイメージが強すぎるせいもあるが、個人的には野ざらしの広場かどこかで、遠くからでも発見できて、近くでもまじまじと見れるような姿がこの壁画にはあってるのではないかと未だに思ってしまう。

投票GET mineいいね 10
  • facebook
  • google
  • LINE
  • はてな